[寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

IMAG2713 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

はじめに

みなさんこんにちは。
康君からの発信に時々登場しております、長谷と申します。

以前の記事にて、康君がLINEのキャプチャと共にwordpressについて投稿していたかと思いますが、私のアイコンがふざけ過ぎな点と、アメブロ叩き感がぬぐえない点、あとは康君から以前より「wordpressについてわかりやすい説明書いてよ」と依頼を受けていたこともあり、今回は寄稿という形で記事を書かせて頂きました。

ですので、以前の記事にて「なんだこのふざけた奴は」とお思いになられた方は一度、心をリセットして読んでいただければ幸いです。

IMAG2713 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

ラインアイコンではこんな成りですが、記事は真面目に書きました。

以降、カタカナ語が沢山出てきますが、読んでいただく皆さんの糧となるよう、なるべくわかりやすくを心がけて書きましたので、最後までお付き合いください。

WordPressとは何なのか

IMARIC20160805210023 TP V4 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

まず、Wordpress(ワードプレス)とは何なのか。

ワードプレスは「CMS」(コンテンツマネージメントシステム)、つまりは「コンテンツ管理システム」というものとなります。
更に噛み砕くと「ホームページやブログを簡単に構築、更新できる仕組み」です。

ホームページは本来「html」と言われる特殊な言語で書かれたファイルを作成、更新する事で閲覧できる仕組みです。
でも、一般の方にはHTMLの知識なんてあるはずもなく、「定期的に更新しろ」と言われても更新できません。
昔々、ホームページビルダーでホームページを作ろうとして断念した方がいればご理解いただけると思います。

専門知識が必要そうで、面倒そうなホームページの管理を簡単にしたのがCMSです。

ブラウザからログインして、操作する管理画面があって、入力欄に文章を書くだけで、記事を投稿できる。
「あれ?」と気づいた方もいるかと思いますが、よくある「ブログ」サービスもそうですよね?
そうなんです。巷にあふれるブログサービスも全部広い意味で言えば「CMS」です。

ただ、ブログサービスについては、便利な機能が付いている場合もあれば、逆に制約があってやりたいことができないなんてこともあります。

ワードプレスは

「あなたの準備したサーバーの中に設置したらすぐに使える便利なCMS。自己管理になるけど無限に拡張できるし、無料だから是非使ってよ」

という「仕組み」になります。

datacenterDSC00209 TP V4 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版
「サーバー」という単語を聞いてビールサーバーを想像した方、間違いですが考え方は間違っていません。ビールサーバーは、ビールをサーヴ(提供)するものですが、ここでいうサーバーとは、ホームページ等のインターネットコンテンツをサーヴ(提供)する、超高性能なパソコンとでも思ってお読みください。

話を戻しまして、無料で提供されるのは「仕組み」の部分で、サーバーやドメイン(○○.com等の名前部分)の管理費などは実費になります。

ここで「費用負担が発生するのか。じゃぁ無料ブログでいいや」と思った方こそ、ぜひ最後まで読んでください。

WordPressはブログじゃない

boseIMGL3136 TP V4 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

さて、ワードプレスの認識としてよくある誤解が「ブログ管理ツール」としての認識です。

この認識は間違いではありませんが、ちょっと足りません。

前述のように、ワードプレスは「コンテンツを管理する仕組み」です。
ブログとしてwordpressを使う事もできますが、ホームページに化けさせることも可能です。

というより、大手企業HPでも中身はワードプレスということは多く、「ウチはブログとかやってないから関係ない」という事ではなく、制作会社がホームページを管理運営するにあたり、ワードプレスを選択するケースは多々あります。

WordPressのは世界のウェブサイトの33%のシェア

919d1604801bd41dec71a060cc53bed3 s - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

ちなみにWordPressのシェアは全世界のウェブサイトの33%と言われています。
これはブログだけではなく、ホームページ等も含めたウェブサイトと呼ばれるもの全てを含めての33%です。
ソース:Usage Statistics and Market Share of WordPress for Websites, May 2019

これってすごいですよね。

ただし、勘違いしてはいけないのは、「ワードプレスの仕組みを使っている」ウェブサイトの33%であって、「ワードプレスというサービスを利用している」ウェブサイトが33%ではないという点です。

スマホでいうと、アンドロイドというOSとアンドロイド端末の違いのようなものですね。
アンドロイドOS自体はGoogleが提供していますが、アンドロイドの端末はソニーだったり富士通だったり、サムスンだったりLGだったりと各社が販売していますよね。
OSソフトウェアはGoogle、端末の外装や、性能、独自のアプリは各メーカーで準備しています。
それと同じように「中身はワードプレス、外身と環境は自分でご自由にどうぞ」というのがワードプレスです。
※アンドロイドのOSは最新版を使いたければ有料、古いバージョンなら無料。AmazonのFireTVやタブレットは古いアンドロイドOSを使う事でコストを下げています。

ワードプレスのメリット・デメリット

8cae61fc67b4dcf23ddc1331a9b173d4 s - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

次に、ワードプレスを使う事のメリット、デメリットをご紹介します。

ワードプレスのメリット

MAX98 yattazeyossya20140531 TP V4 1 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版
1.無料である

前述の通り、ワードプレスの仕組みを使う点については無料です。

2.テンプレートが豊富
はてなブログも、アメブロもにも、ライブドアブログにもサイトデザインが組み込まれたテンプレートは存在しますが、ワードプレスも同様に大量のテンプレートがあります。

さらには、海外のワードプレスユーザーが作った無料のテンプレートも豊富にあるため、探せば自身の使いたい形にピッタリのテンプレートを見つけることができるでしょう。
テンプレートの数量で言えば、国内ブログサービスの比ではありません。

3.プラグインが豊富
ワードプレスには「プラグイン」という機能があります。
プラグインは、メジャーなサービスでいう「ブログパーツ」にあたるものです。
これも、ユーザーによって自作可能で日本にも海外にも無料で公開しているユーザーがいるためサイトのデザインを変えるものから、内部のデータ管理用のものまでありとあらゆるプラグインが存在します。
例えば、ブログを公開したら、同時にFacebookとTwitterとInstagramにも連動して投稿。なんてことも可能です

4.SEOに強い
まぁこれは本当であり、嘘でもあります。
「SEOとは何か」を説明しだすと長くなるので完結にまとめますが、要はGoogleで検索したときに自分のサイトが1番目に表示されるための施策」です。
Googleでとあるキーワードで検索した時、1ページ目の1番目のサイトって必ず見ますよね?逆にわざわざ2ページ目以降のサイトを見ることってありますか?

そうなんです。SEOはこの1ページ目の1番目に表示させるためにアレコレやる施策の事を言います。

ワードプレスがSEOに強いといわれる所以は、SEOに最適化されたテンプレートや、SEOのためのプラグインが豊富で、尚且つディープなところまでテンプレートのカスタマイズができるので、SEOに強いといわれているのではないかと思われます。
実際問題ワードプレスではなくとも、同じような施策はできますが、無料ブログでは制限があって、対応できる領域が限られており、同等のサイトが現れた場合に差をつけられてしまいます。
まぁ何より独自ドメインでサイトを運営する前提なのが大きい気もしますが…。

5.対応できる企業が多い
前述の通り、ワードプレスは圧倒的なシェアを誇り、国内でもサイト数が多いことから、ワードプレスを扱う事の出来る企業が沢山あります。
というか、ホームページ制作を謳っている企業なら、かなりの割合でワードプレスが扱えると考えてよいと思います。
つまり、自分で管理しながら最終的にHP作成会社に更新や管理を委託する事も可能という事です。

6.独自ドメインで運用
はてなブログには、はてなProという独自ドメインサービスがあります。
これは通常、はてなブログは「b.hatena.ne.jp/○○○○/」みたいなURLになりますが、これを独自ドメインを使う事で「sasakiyasushi.jp」みたいなURLにしておきながら、中身ははてなブログみたいなことができたりします。
ワードプレスを使う場合はドメインとサーバーを自分で用意するのが前提です。

7.自由度が高い
ブログを運営していて「アクセスを伸ばしたいな」と思った時に、ネットの記事通りにやろうとしたら、自分のブログサービスではできない方法だった。という経験はないでしょうか。
ワードプレスはほぼ対応可能です。
手を加えようと思えば、システムの根本的なところまで手が入れられてしまう。
そんなところもワードプレスの良い所です。

8.ホームページにもできる
最初は情報発信のためのブログコンテンツかもしれません。
でも、いつの日か自社HPとしての役割も持たせたい。そんな日が来た時にワードプレスならばカスタマイズだけで移行可能です。
もちろんこれまで書いたブログを残すこともできます。
企業公式ホームページの中に、これまで発信し続けた情報もコラムのような形式で発信し続けることも可能です。

9.移行方法も豊富
例えば「ワードププレスをやめたい」そんなことになった時でも、ワードプレスならば移行ツールが豊富ですし、受け入れ先も豊富です。
何処にでも身を振ることが可能です。

ワードプレスのデメリット

IMGL8668171031 TP V4 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

次にデメリットについて解説します。

1.完全無料ではない
ワードプレスは無料ですが、ワードプレスを動かすためのサーバーと、ドメインは有料です。
サーバーは安いものなら月500円程度。
ドメインは取得時が100円から1000円、更新時に3000円から5000円程一年ごとにかかります。
つまり、年間1万円程度は費用が発生すると考えましょう。

でも、これってワードプレスを使わない理由になるのでしょうか。
月々500円、時々3000円も払えないような状況ならば、もはやビジネス云々以前の問題ですよね。

むしろこれだけの費用で、自分の好きなドメインで自分のサイトが持てると考えれば十分安いと思います。

2.自由度が高すぎる
できることが多い分、逆に何をしたらいいかわからない事がデメリットともいえるでしょう。
でも最初は、記事の投稿だけでいいんですよ。

だって

電話しかできない黒電話
※となりにゼンマイ式の保留音を流すオルゴール

保留機能付きのプッシュホン

子機つきのプッシュホン

ガラケー

スマホ

と進化する中で、結局各機能使いこなせているわけですし、スマホの全部の機能を知らなくても電話はできていますよね。
スマホにはカメラが付いていますし、必要になれば自分で調べて写真をとってSNSに投稿する事ができます。
でも黒電話にはカメラはついていません。
写真を撮って友達、子供、孫に送りたくても黒電話を買ってしまったら、どうあがいても実現する事ができません。

機能が備わっていれば、やりたいことが出てきた時に対応できます。
でも無料ブログは、提供している会社が決めたルールが変わらない限り、やりたいことができないという制限があります。

3.セキュリティ面

YAMA DSC2553 TP V4 - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版
時折ワードプレスについてのセキュリティ面での指摘が入ります。
確かにワードプレスは世界基準なため、それをどうにかしてやろうと画策する輩も沢山います。
現に、データと画面越しにそんな輩とリアルタイムでやりあう事もあります(笑)

ワードプレスは、時折セキュリティーホールが見つかる事もありますが、基本的には「バックアップをちゃんととる」「自動アップデートを切らない」「パスワードはわかりづらいものにする」。
という事を徹底していれば大きな被害は受けませんし、復旧する事も可能です。
ホームページに他人の個人情報を山ほど抱えることなんてほぼないでしょう。

というか、アメリカの国防総省ですらハッキングされてしまう世の中。
「ワードプレスじゃないから安心」なんてことは全くありません。
やられるときはやられます。

「システム屋が何て事を言ってんだ」

と思われるかもしれませんが、セキュリティ面についてはいくらでも強固にすることは可能ですが、今度はそれ相応の環境や管理方法が必要になってきます。
取り扱う情報の規模と予算と、運営体制を鑑みながら適正と思われる管理方法を提案していくのもシステム屋のお仕事です。

これは車の管理方法で見るとわかりやすいですね。
大切な車ですが、いたずらや盗難は避けたい。
となると…

車のロックだけ → 盗難防止のアラーム → ハンドルにつける鍵 → 車種を特定させないためのシートカバー → そもそも人を立ち入らせない専用ガレージ → ガレージに監視カメラ → ガレージに警備会社監視 → 即時対応できる24時間有人監視

こんな感じで、セキュリティレベルを上げる事はいくらでもできますが、それ相応のコストもかかります。

ちなみに既存のブログサービスを使っている方。
ログインIDが普段使っているメールアドレスで、ログインパスワードが生年月日の数字なんて人いませんよね?そのくせSNSで自分の誕生日公開したりしてないですよね?
同じ数字連打とかもないですよね?
そんな状況ならどんな仕組みを使っていてもやられるときはやられます。

なのでワードプレスのセキュリティが云々の話は、アカウントをどう管理しているか、データをどう管理しているかを見直すことで、回避できる問題が多く存在します。

ワードプレスと無料ブログとの違いは?

6c36c53d95ab4563567a0646dad5a68e s - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版

次に、誰しもが思う「無料ブログでいいじゃないか」という点について解説していきます。

私は無料ブログサービスが嫌いなわけでも、目の敵にしているわけでもありません。
前回の康君のキャプチャをみて、アメブロをお使いの方の中には「なんだこの野郎」と思った方もいることでしょう。

是非そこは訂正させて頂きたい所です。

要は対象者

ユーザー層、発信する対象者を考えた時に、ワードプレスが良いと思ったから引き合いにアメブロを出しただけです。

特に康君については、今後広く展開していくのではないかと勝手に予想していたので、自由度の高いワードプレスを勧めました。

例えばアメブロですが足跡機能や、既存ユーザーとの連携機能など、立上げ初期からある程度のアクセスは見込めます。
対して、ワードプレスでサイトを立ち上げるときには、ほぼ自力集客となります。
これが大事で、記事を更新し続けるのは結構な根気が必要になります。

「どんな事を書こうか」というアイディアはあっても、いざ記事にしたためようとすると、見合った文章が思い浮かばず、書けなくなる。
そんな事が頻繁にあります。

そこを支えてくれるのが読者の存在。

モチベーションを保ち続けるうえで、少しでも読者がいてくれるというのは本当にありがたい事です。
既存のブログサービスであれば、各サービスのトップページに「新着ブログ記事」みたいな感じで、投稿した記事が表示されたりして、わずかでもアクセスが合ったりしますが、ワードプレスでブログを立ちあげたばかりの時点では、SNSなどで、せっせと告知をしないと人が来てくれません。

ちょっとした例え話

前回は「イオンモールの中のテナントと自前店舗」という表現をしましたが、別の例えもあります。

ホームページやブログを「とある島に作られたお店」と例えるとわかりやすいかもしれません。

インターネットの世界は広大な大海原。

ワードプレスでサイトを作るときには、大海原のとある島に、あなたの店舗が立つ事になります。これを仮に「独立島」と呼称します。
アメブロの場合は「アメブロ島」にあなたの店舗ができます。

アメブロ島には「アメブロユーザー」というアメブロを使っている人たちがいて、何も言わなくても時々遊びに来てくれます。

呼び込みをすれば、他の人もSNSのリンクや、チラシのQRコードからブラウザ連絡船に乗って遊びに来てくれます。
呼び込みについては、ワードプレスの場合も同じですが、少し経つと違いが出てきます。

時々島には「Googleの船」と「Yahooの船」と「Baiduの船」がやってきます。
各船の乗組員は、島の中を探索しどんなものがあるのかを調べていきます。

アメブロ島に訪れたGoogle船員さんは、店舗にやってきて
「あなたはアメブロ島の○○さんなんだね」
「アメブロ島の○○さんは△△をやっているんだね。へぇなるほど」
とメモを取って帰ります。

次にアメブロ島の巡回を終えたGoogle船員さんは、次に独立島にやってきて、店舗を訪れ
「あなたはこの島を管理している●●さんで△△専門店をやっているんだね」
とメモを取って帰ります。

さて、自分の島に帰ったGoogleの船員さんは悩みました。

「アメブロ島の○○さんも独立島の●●さんも同じことやってるんだよな。△△で検索してくる人がいたら、どちらを検索結果の上の方に出してあげよう?」

「そうか、○○さんのところは、●●さんと同じように△△をやってるけど、○○さんは大前提として『アメブロ島の○○さん』、次に重要なのは『△△をやってる○○さん』。
対して独立島の●●さんは、もう島そのものが△△のために用意されたようなものだし、島の構造も我々が来た時に説明しやすいように整理されてたな。『△△といったら●●さん』と紹介しよう!」

と判断しましたとさ。

なーんて事が起こるわけですね。

まぁ、Googleもそこまで頭は悪くないんですが、全く同じようなコンテンツが2つ並んだ場合の優位性として「独自ドメインでの運営」という点で一歩相手に差をつける事ができるわけです。

しかも今後、仮にもし康君が海外にも視野を向けた展開をしていくならば、尚の事、日本の無料ブログでは対応しきれないわけですね。

というか、普通に使っていて、公式ホームページの体裁のページと、無料ブログのページを見比べて、全く同じ料金、同じサービスを提供しているとしたら、どちらを選ぶか。

私なら前者です。

自分の事を知っている人や、直接会う事の出来る人への情報発信、また集客する場所が別にあるならば、単なるツールとして無料ブログを選択するのはアリだと思いますが、康君を知らないどこかの誰かを呼び込み、ビジネスにつなげる将来を考えたならば、ワードプレスでのブログ作成という選択肢が最適だと考えられるわけです。

ユーザー層

1a1fdff4c25c53ae8c5bd9c59a5dfb49 s - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版
ユーザー層としてもそうですね。

はてなブログとかアメブロ使ってる人の年齢層っていくつくらいなんでしょう?
私の感覚では、若い人で「使ってる」という人に会ったことがありません。
欲しい情報を探すためにブログを検索する人もいないでしょう。

大体GoogleかYahooに聞きますよね。

康君の場合はこちらも無料ブログユーザーとは一致しないだろうという事で却下。

ユーザーの質

ユーザーの質について。

「『質』とは随分と上からな物言いだな」と怒らないでください。

ネット界隈で普通に存在する言葉なんです…。
要は、アクセスしてきたユーザーと、そのコンテンツのマッチ具合。

どういう事かといいますと、検索エンジンからやってきた読者というのは基本的に、そのコンテンツの情報を必要としている人なわけです。

YahooやGoogleの検索からサイトに訪れた人は「付き合いでも何でもなく、管理人の事は知らないけど、そこに掲載されている情報が欲しいから来た」人です。
つまり、記事を書いた康君としては一番情報を伝えたい、もしくはビジネスに直結するかもしれない相手です。

名前も顔も知らないのに、康君のブログに検索エンジンからたどり着いた人というのが、一番康君にとって必要になると考えれば、より検索エンジンに強くできるワードプレスを進めるのは必然と言えるでしょう。

これはあくまで私の考えで、これまで康君が仕事を続ける中で出会い、お世話になってきた皆さんをないがしろにしろとか、そういう事を言いたいわけではありませんので

なぜ佐々木康にワードプレスを勧めたのか

もうほぼ解説が終わってる状態ですが、ここまで来れば、康君が「ブログを始める」と言い出した時点で、なぜ私がワードプレスを勧めたかという理由については理解して頂けたかと思います。

彼の事業が今後どんな展開になるかは知ったこっちゃぁないんですが、独立してこれから羽ばたいていく同級生が、いずれ来るであろう、事業が大きく展開するタイミングで、困る事が無いよう、「いいから黙って俺の言うとおりにワードプレスでブログつくれ」といった次第です。

康君はとにかく行動が早いので、LINEを送った5分後に、「サーバーとドメインを契約したけど次は何をすればいい?」と連絡してきましたけど(笑)

「1分早く動けば1分早く金になる」なんてことを新卒時代に叩き込まれましたが、当たり前のようにこなす康君はさすがだと感心したものです。

ワードプレスを始めるために必要なもの

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb s - [寄稿] WordPressとは?メリットとデメリット 完全版
という事で、ここまでを読んで、ワードプレスでサイトを作りたい、ブログを作りたいという風に思った方がいるかどうかはわかりませんが、一応必要なものをまとめておきますね。

1.ドメイン
サイトのURLになるところです。
○○○.comとか○○○.jpとか、そんなやつですね。

2.サーバー
ワードプレスが動くレンタルサーバーは山ほどあります。
というかレンタルサーバーでワードプレスが動かないサーバーの方が珍しいです。
月々500円程度から借りれます。

3.パソコン
スマホからも更新は可能ですが、アレコレ細かいことをするときにはPCがあったほうが便利だったりします。
まぁ今の若い子は大学のレポートすらスマホで作るらしいんで、そういう方はスマホの方がいいかもしれませんが…。

4.根性
既述の通り文章を書くのは大変です。
コンテンツは作りっぱなしで終わりではなく、日々更新していかないといけません。
これはワードプレスも無料ブログも変わりません。

興味をもったら康に相談

最近康君もワードプレスの知識を着々とつけてきておりますので、興味が沸いたら康君に聞いてみてください。
その質問がダイレクトに私に回ってくる可能性も高いですが(笑)

康君から「問い合わせが結構きてるから、いっその事講習会開いてくれ」なんて言われてますが、果たしていつになるやら。

とりあえず康君がワードプレスを使いこなせるよう、叩き込んでいきたいと思います。

つたない文章ではありましたが、ワードプレスの魅力というか、利点について、ご理解いただけたでしょうか。
少しでも興味を持っていただけたならば幸いです。

以上、長文にお付き合いいただきありがとうございました。
ついに起業した康君へ、この約9000字(原稿用紙22枚分)の寄稿をもってお祝いの言葉とかえさせていただきたいと思います。