やめどきを知るにはとことんやらせる〜子育て編〜

8e7d43cd 2926 4539 bc2d 96755bcb961e 7935 000004a1492a108b - やめどきを知るにはとことんやらせる〜子育て編〜

8e7d43cd 2926 4539 bc2d 96755bcb961e 7935 000004a1492a108b - やめどきを知るにはとことんやらせる〜子育て編〜

お子様をお持ちの方々がきっと悩んでいるであろう問題の一つはゲームを「やめない」とか、YouTubeを観るのを「やめない」とか、何かを「やめない」こと。

さて、ここで一般の親御さんはお子様に対して「いい加減にしなさい」と、遮ってやめさせようとします。

でも、それって親御さんの基準で、子供の基準じゃないですよね。ゲームやYouTubeは完全にワルモノです。それって本当でしょうか?終いには、ゲームをやり過ぎると目が悪くなるとか言い始めます。私も小・中学生のときは1日8時間くらいゲームに没頭してましたが、今でも視力が1.5以上あります(笑)

何かをやめさせようとするときに、それを続けることにより起こるかのような根拠もない悪い印象を与えます。

子供は素直なので真に受けてしまいます。そんなことが脈々と受け継がれていくのです。

うちの子供たちは、ゲームをしてても「そろそろやめようか」と勝手にやめて、別なことを始めます。それは、またいつでもゲームをしていいことを知っているからです。なので、今本当にしたいことを「自由に選択して」楽しんでいます。

私は「学校に行く時間」や「寝る時間」など、終わりの時間だけを決めて、他は途中で口を挟みません。

何かをやめさせられる子供たちは、とことん没頭することができません。何かに興味を持ちなさい!とは言うものの、ゲームやYouTubeに興味を持ってはいけないような風潮です。

結局は親は自分の思うレールの上を走って欲しいんですね。

誤解がないように言っておきますが、私は決して放任主義ではありません。

子供が今興味を持っていること、やってみたいことに毎日向き合っています。

その中で、やりたいことをとことんやらせているだけです。

でも、延々と残業を続けるサラリーマンみたいにならないように終わりの時間を決めているのです。期限がないと、仕事も遊びも生産性が低くなります。

本当に子供たちのことを考えるのであれば、キチンと向き合って会話をして、興味のある事柄について徹底的にサポートしてあげることだと思ってます!

キライな勉強は言わずともあっさりやめますけどね…ははは(笑)