早起き早寝のススメ。GDP世界3位の日本が抱える課題とは?

17073fdf1da9d0987a6cca453561812a s - 早起き早寝のススメ。GDP世界3位の日本が抱える課題とは?

みなさんおはようございます!毎朝4:30に起きて、朝に仕事の半分は終わってる主夫の佐々木です。

さて、朝に子供たちにごはんを食べさせて学校に送り出し、保育園に送り、掃除に洗濯、その他諸々、素晴らしくやること満載です。

日本のGDPはアメリカ、中国に続き、世界3位の経済超大国…のような気がしますが、一人当たりに換算すると25位まで一気に下がります(アメリカ8位、中国74位…2017年最新版)。

効率が悪いんですねー。私、解決策の一つを知ってます。ムダな残業を止めて、さっさと帰って寝ることです!

経験者としては、だいたい夜遅くにグダグダ仕事をしてても、してるつもりで1ミリも進んでいないこともあります。疲れて集中力もない。眠気もピーク。こりゃ仕事も進みませんわ。

みんな実はわかってるんですよね。そんなときに仕事をしても進まないこと。

でも、仕事が終わってないのに帰ってはダメだという気持ちと、まだ残ってる人がいるから先に帰ったら悪いという気持ち。そんなこんなが重なると残って仕事をしなくちゃ…となり、効率が悪いながらも夜遅くまでお仕事。

勤勉で相手ことを重んじる文化であるからこその弊害ですかね。

でも、本当に仕事の成果を求めるのであれば、この悪しき習慣から抜け出すべきです。

17073fdf1da9d0987a6cca453561812a s - 早起き早寝のススメ。GDP世界3位の日本が抱える課題とは?

まずは「早起き」から始めてみるのがオススメです(^^)理由としては、意外といつもより早い時間だと眠れないという人がいます。私はいつでも、どこでも、だ…、いや、寝れます。のび太ぱいせんを尊敬してます。

早起きすると、いつもより早く電池切れを起こすので、いつもより早く眠気に襲われます。そのときがチャンス!何かしないともったいないと思う気持ちを抑え、眠気に任せて布団に潜り込むのです。早く寝ると、早く起きるのも楽になってきます。

実は、「早寝早起き」は第2ステップだったんです。最初は「早起き早寝」からスタートするといいんですね。

これも1人だと強制力が弱く、やり切るのが難しいという人は、毎週1回の倫理法人会経営者モーニングセミナーに参加するのがオススメ(^^)

私が所属する「仙台中央倫理法人会」は毎週火曜日の6:10〜ホテル白萩さんで勉強しております。

1人では難しくても、一緒にがんばる仲間がいると、継続できますよ♪

私も最初は「うぇーーーっ」と言ってましたが(笑)決めたらやり切る性格ですので、キッチリ1年間無遅刻無欠席で皆勤賞をいただきました。

できない理由は簡単に、しかも無限に出てきます。しかし、打つ手も無限にあるのです。

選択は自由であなた次第。別にやらなくったっていいんです。

人は変化を嫌います。「昨日と同じ今日」がいいんです。変化は苦痛を伴います。しかし、その居心地の悪さや苦痛が成長のしるし。

楽だからと坂道を転がり落ちますか?略して転落。

キツくても坂道を上り自らを成長させますか?

私は間違いなく後者。まだまだやりたいことがあるんです(^^)

さぁ、今日もやりますかー!