名誉院長の診察?だからなんだ!はやく引退しろ!

img 1642 - 名誉院長の診察?だからなんだ!はやく引退しろ!

検査内容によって併設されてる病院を行き来している佐々木です。親族で2つの病院を運営しているようです。

まずは1つ目の病院(①とします)でリンパ管の炎症によって高熱が出たので、抗生剤などをもらい、血液検査で肝機能の数値が悪かったのでもう一つの病院(②とします)で肝臓のエコーや肝炎の検査をやってもらいました。

②病院で肝炎の結果が揃うのが月曜日。抗生剤が金曜日までの分なので、痛みが続いていたり、不安があれば①病院に申し送りしておくので薬をもらいに診察しに行って下さいと言われました。

まだ赤みと痛みが残っていたので薬が欲しかったので①病院に診察に行きました。

すると看護師さんは「本日の診察は名誉院長です」と私に伝えました。前回診察してくれた医院長とは違うので…という意味なのだと受け取りましたが、後にそうではなかったことに気付きます。

img 1642 - 名誉院長の診察?だからなんだ!はやく引退しろ!

診察室に通されて、前回と同じようにベッドに座ると看護師さんから「今日は名誉院長なのでこちらのイスにお願いします」…と。やり方が違うんですね。

なんだか看護師さんもそわそわ。看護師さんの人数も多いw気を遣っている様子。いやいや、名誉院長じゃなくて、患者(お客様)のオレに気を遣いなさい(笑)

まだ患部に赤みが残ってて痛みもあり抗生剤が欲しいので診察してもらいにきました。②病院の先生からも申し送りがあると思いますと伝えました。

触診や問診をしてもらった結果、薬はいらん!と名誉医院に言われ、いやいや、不安だから薬もらっておきたいんだよって伝えたんですが、いや、いらないと思うよ!って。

結局、そこまで言うなら薬はいいやってなったんですが、診察を終えて看護師さんから「先生によって考え方が違うから…」と少し困った様子。

まぁ、その判断に特に文句はないんですが、今回の受診で感じたのは、看護師さんたちの働きにくそうな雰囲気。

名誉◯◯など象徴的に名前を残しておくのは良いと思うのですが、いつまでも影響力を及ぼしてしまうと働いている側にとっては「害」しかないので、さっさと潔く引退するべきだと思います。現役で働いてたいなら、自分勝手な仕事は謹んで、プラスの影響を与えられる存在でいましょう。

患者(お客様)の私からすると非常に不快、不愉快な病院(お店)ですね。

飲食店で言うと、料理の味はいいんだけど、社長だか会長だかわかんないあの偉そうなヤツがいると行きたくないんだよなーってやつです。

お客様そっちのけで上司に気を遣うスタッフばかりのお店って、考えただけて行きたくないですよね(笑)

わっかんねーんだろうな。はやく引退しろ!