ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

img 1586 1 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

家にいると休めない

ゆっくり休みたいのに家にいると子供の餌食となるのはどこの家庭でも一緒かと。病み上がりというか病み中ですが、復活の兆しが見えてきたのでボードゲームに参加。

いやいや、これ子供向けなの?というくらい頭を使う内容でしたよ。

5つのゲームが楽しめるらしいのですが、今回は1番時間のかからない「かんたん日本旅行ゲーム」というのも。想定時間は人数×5分。

北海道スタートで7つの地方(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州)のどこドラカードという名産、名所、有名人を模したドラえもんコスプレカードをそれぞれ1枚ずつ買い揃えて、一番最初にゴールした人が1位というゲーム。

img 1585 1 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

登場人物(人物?)

・ドラえもん

・のび太

・しずかちゃん

・ジャイアン

・スネ夫

・ドラミちゃんimg 1586 1 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

お金もあるよ

ドラえもん銀行券という機関が通貨発行権を行使してガンガンお金を刷っています!

1000ドラ、5000ドラ、10000ドラの3種類の紙幣が用意されています。

img 1588 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

どこドラカード

各地方で1枚ずつゲットしなくてはいけなくて3,000ドラします。

【北海道地方

メロン、アザラシ、クリオネ、知床、丹頂鶴、キタキツネがピックアップ。

img 1594 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

【東北地方】

青森→白神山地、岩手→銀河鉄道、秋田→なまはげ、宮城→伊達政宗、山形→さくらんぼ、福島→白虎隊…がピックアップ。

img 1597 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

【関東地方】

茨城→水戸黄門、栃木→日光東照宮、群馬→富岡製糸場、埼玉→さつまいも、東京→東京スカイツリー、千葉→ピーナッツ、神奈川→大仏…がピックアップ。

img 1591 1 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

【中部地方】

新潟→上杉謙信、石川→加賀鳶、富山→チューリップ、長野→りんご、福井→カニ、岐阜→白川郷、愛知→シャチホコ、山梨→武田信玄、静岡・山梨→富士山、静岡→うなぎ…がピックアップ。

img 1593 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

【関西地方】

京都→金閣寺、滋賀→信楽焼、大阪→通天閣、三重→伊勢海老、奈良→法隆寺、和歌山→梅干し、兵庫→姫路城…がピックアップ。

img 1596 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

【中部・四国地方】

岡山→桃太郎、鳥取→20世紀梨、島根→安来節、山口→ふぐ、広島→厳島神社、香川→さぬきうどん、愛媛→坊ちゃん、徳島→阿波踊り、高知→坂本龍馬…がピックアップ。

img 1599 - ボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」をやってみた

【九州地方】

福岡→山笠、佐賀→有田焼、長崎→おくんち祭り、大分→かぼす、熊本→すいか、宮崎→マンゴー、鹿児島→西郷どん、沖縄→シーサー…がピックアップ。

なんだかそれぞれツッコミどころ満載ですが、ボードゲームなんでw

金にものを言わせるゲーム

お小遣いゾーンに止まるとルーレットが回せて、止まった枠に応じてお小遣いがもらえる仕組み。すげーな。一日中歩き回りたい。

ただ、このゲームはお金持ちが勝つのではなく、お金を上手く使うことができる人が勝つのです。

乗り物に飛行機、船、新幹線、タクシーとあるのですが、前3つは指定のマスに行かないと利用できませんが、タクシーはルーレットを回さず、一コマ5000ドラで進めます。すげーな。

ちなみに、お金を得る手段はお小遣いマスに止まるのみ。すげーな。誰がくれるんだろ。

ゴール時には手元に1円も無くて大丈夫なので、いかにお小遣いを計画的に使い切って最速でゴールに到達できるかの勝負。

まとめ

進むルートやお金の使い方を考えながら、ゴールを目指すので、意外と頭を使う印象。各地方の代名詞と言われるようなもの(異論がある方もたくさんいらっしゃるかも知れませんがゲームなのでw)もたくさん学べます。

少し話は変わりますが、令和元年バージョンで発売された人生ゲームは「お金」ではなく「フォロワー」を集めるらしいですね!

時代に合わせてゲームも進化を遂げているんですねー。

私も仕事をする上で、頭が凝り固まることがないように、幅広い世代のニーズにアンテナを立てて情報をキャッチする必要性を改めて感じました。

想定時間20分だったのに、40分かかりましたとさ。

明日、友人家族が遊びに来るので予行練習だったのですが、お腹いっぱいです。もうやりたくない(笑)

おしまい。