リーダーは動いちゃダメ!役割の違いを把握する

37f94d3b 4500 4cc9 9d69 f21b90ff14ce 12305 000006f578446e9f - リーダーは動いちゃダメ!役割の違いを把握する

(※まずは今回のお話をする大前提として、規模によって当てはまらないお店もありますのでご容赦ください)

37f94d3b 4500 4cc9 9d69 f21b90ff14ce 12305 000006f578446e9f 1 - リーダーは動いちゃダメ!役割の違いを把握する

大部分の飲食店では、1店舗に社員は数名で、パート・アルバイト(以下、P/A)さんが運営の中心としていらっしゃいます。

店長(リーダー)がいて、セカンドの方がいる。そしてP/Aの方々。それぞれ役割が違うので、働き方も違います。

何と言って接客サービスや料理提供、そして調理など、現場対応のお仕事。ここはもちろんP/Aの方々にガンガン動いていただきます。

でも、一番動かなくてはいけないのがセカンドの方ですね。とにかく走り回ります。店長の考え方を共有して、実際に現場の動きをコントロールします。

そして、店長は全体把握、マネジメント。お店のあらゆるところを俯瞰して見る力が必要です。なんなら想像力も。お客様1組1組、ご来店してからお帰りになるまでのストーリーを考えます。

あのご家族連れは、2歳くらいのお子様がいるから、そろそろ食べるのに飽きる頃だな、とか、会社関係でご利用いただいているあのグループは、上座下座をめちゃくちゃ気にしているから、幹事のあの方側から提供。料理が速すぎても無くなっても困るから適度なスピードに調整が必要…とか。

この「俯瞰で見る」ことは現場でバタバタ動き回っていると、中々難しいのです。

スタッフの動き、お客様の表情、声、音、室温から匂いまで五感をフル活動させます。 長年培われた「感覚」があるんです。今までの膨大な数の接客データからその感覚が導き出されます。

セカンドの方が店長の役割を担うとき、一番苦戦するのが、「現場を動き回る」から「全体のマネジメント」になるときです。

これまで動いてナンボの気持ちがあるので、動かないことに不安を覚えます。動いてないと「あいつ「働いてないんじゃないか?」と思われないかも不安です。自分が動かなくてスタッフがちゃんとできるかも不安です。上手く指示が出せるかも不安。めちゃくちゃ不安ばかりですね(笑)

私のブログにも何度も登場している言葉で「コンフォートゾーン」があります。訳すと「居心地の良い空間」ですね。

セカンドでガンガン動き回っていた人が、全体のマネジメントのため、ジックリと全体を俯瞰してお店を回していくお仕事は今までと違うのでそわそわして居心地が悪くなります。

コンフォートゾーンから一歩抜け出すときですね。このときに、コンフォートゾーンに戻ってしまう=ガンガン動き回ってしまうと、せっかくの成長のチャンスが遠退きます。居心地の悪さこそが成長の証なのです。

さぁ、その居心地の悪さを成長と捉え、新しい一歩を踏み出せるかどうかですね(^^)動き回っちゃダメですよ!(笑)